きっと超えられると信じています。
狐の嫁入り
昨日、会社の帰りに雨が降っていたのですが、空は綺麗な夕焼けでも有り、とても幻想的で

季史さんがついに来るんじゃないか?

と心の中で叫びながら自転車で帰ってました。
(たとえ季史さんが来てくれても、自転車に追いついてくれるのだろうか…?)


という冗談はさておき
本当に綺麗でしたv
狐の嫁入りとか久しぶりだったし、何よりも夕焼けが綺麗で綺麗で…友達との会話も弾みましたv
えぇ、

「久しぶりに狐の嫁入りになったけど、
 狐の少子化問題が気になるなー」と

それに対して友達はどんなツッコミをするのかと思ったら

「アホやろ。婿入りやから大丈夫やねん

え? 女尊男卑の世界なんですか?
意外過ぎる(笑)
狐の家庭はサザエさんのマスオさんみたいな感じらしい。
…全部妄想です。



 私信です。
R璃也さん:CDはいつでも大丈夫です!カメラさせてください!カメラ!!
Tつきさん:遙か4是非ともプレイしてみてください!待ってます!(←)
スポンサーサイト

2008-07-19 Sat 20:01
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<私はアカシャを見た | 愛は次元を超えて。 | 三国志>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 愛は次元を超えて。 |