きっと超えられると信じています。
石田三成 斬首
10月1日 石田三成 斬首

石田三成

命乞いもせず、最後まで自分を貫いた人。
のちに多くの汚名を着せられてしまったけど、それでもその人生に迷いはなかったんだろうと思う。
でもその汚名が今、ゲームとか漫画とかで拭い去られると思うと感慨深いね。
徳川時代、さんざん罵倒されてきたけど、それでも分かって貰える人はいたんだよね。
そんな人がいたから、記録や記憶が残り、今、新しい媒体で発信されてるんだね。
少しでも多くの人に石田三成って人が居たことを知って貰いたい。
「関ヶ原に負けた人」ではなく、「義に生きた人」であったと知ってもらいたい。

輝いた時は短かったかもしれないけど、それでも大好きです。
スポンサーサイト

2011-10-01 Sat 22:27
別窓 | 歴史 | トラックバック:0
この記事のトラックバック

| 愛は次元を超えて。 |