きっと超えられると信じています。
夜がはじけた 光が空に飛び散った
君を抱いて歩いて行こう
突然 夜がはじけた 光が空に飛び散った


土日を使って、溜まりに溜まっていた「獣の奏者エリン」というアニメを見ました。
最終回は去年だったかな(笑)

大きく分けて、アケ村編・ジョウン編・保護場(前編)・保護場(後編)に分かれるうちの保護場(後編)を見てました。
多分20話くらいを一気に見た^^

その後編から登場したキリクというキャラに恋してますが、何か??←



やべえええええええええ!!!!!!!!!!!

なんとなく登場した瞬間に


あ、やばい、はまりそう

と心の中で思ったよ!あぁ!思ったよ!!!
ちなみに横で見ていた兄も

あ、こいつ、はまりそう

って隣で思ってた ら し い よ


エリンが空を飛んだのを見ているキリクが驚いている姿を見て、うっかり

恋に落ちたのは ほんの一瞬で

って勝手にBGMをつけかけたさ!!!←
だって!だって!!キリクがエリンに恋に落ちたと思ったんだもん!!違うけど!!
でもとりあえず堪えて、心の中で歌った。
何故そこまで歌いたかったかは、その時は分からなかったけど

今なら、はっきり わかるよ

(吉良さんは痛い人ですよ)


そんな吉良さんとキリクの出会いは土曜日に始まり日曜日で終わりましたorz
うぉぉぉーーーーんん!!!キリクーーーーー!!!!!


というわけで追記でまだまだ語るよ!!!

そもそもキリクはセコイと思う。

吉良さんが「私、こういう男キャラにハマる!!!」っていう

敵、腹黒、笑ってるけど本気で笑ってない、仮面、死亡フラグ

というのを全て持ち備えたとか。

お前ーーーーー!!!!お前ーーーーー!!!!!
お前は私を惚れさせてどうするつもり!!??←


最終回に向かうにつれての死亡フラグにはどんだけ私がヒヤヒヤしたと!?

最終回から3話前。

キリクがエリンに「一緒に行かないか?」って「逃げよう」って言うけどエリンが断って

「生きて下さい」
ってエリンが言った時は

とてつもなく不吉な予感。


そのあとキリクがイアルというずっと闘っていた相手に「決着を着けよう」って言った時は

死亡フラグ一直線\(^0^)/

あかんてーーー!!!!キリクーーーー!!!!!
戦ったらあかんてーーーーーー!!!!!!!あああああぁあっぁぁああああ!!!!!!!


闘う二人 迎える決着

イアルの剣がキリクの喉元に寸止め


イアル「死ぬ気だったのか?」

キリク「つくづく、しゃくに障る男だ」


 だ が 私 は イ ア ル に 感 謝 す る 。

ありがとうイアル…ぇぐぇぐ。

と、その時、二人を始末しようと囲む敵。


キリク「行け!!彼女のもとに!!!!!」


死亡フラグ一直線、再び\(^0^)/

お前ーーーーーー!!!!!!どんだけ死亡フラグを立てれば気が済むんだあぁぁぁあああ!!!!???
どんだけ私の心をかき乱せば気がすむのおおおぉぉおおお!!?!??!!?
イアル行くなーーーー!!!頼む行くなーーーーー!!!!
お前が行ったらキリクが確実にああぁぁぁぁあああああ!!!!!!!!


傷つくキリク、迫りくる敵の刃


ガキィィィイイン!!!!!



キリク「…何故、行かなかった」
イアル「助けられる命は助けたい」


 イ ア ル 本 当 に あ り が と う 。
私の思いが届いた\(^0^)/
キリクに迫りくる死亡フラグは全て無くなった!!!ありがとうイアル!!

イアル「止血をしよう」
キリク「自分で出来る。それよりも早く行け」


あれ??これはまさか
そのまま力尽きる系???(^p^)

と嫌な不安がよぎったけど、イアルが立ち去った後、場面転換したから

ふぅー驚かせるなよ…ガタガタ

とヒヤヒヤしました。
だが場面転換した数分後。

止血したキリクが這いずりながら、先に進んで、吹雪の吹くなか、意識が遠くなった時は


まさかの凍死(^p^)

それならさっきの戦いで死んでほしかったなぁあああああ!!!!!!
んで、死ぬ直前に、死んだ妹が「お兄ちゃん」って迎えに来てキリクは笑顔で死んでいくん、だ………(;_;)

という妄想を兄に話しながら泣いたのは私だよ!!!!!!


キリクの運命にガタガタしながら最終回を見ていたら、数十秒だけだったけどキリクが旅の医術師になってるのを見た時は

ホントに良かったおぅおぅおぅおぅ

キリクが幸せそうで良かったよおおおおおお!!!!!!!
戦いの最中、吹雪のせいでよく見えなかったけど、時々キリクの顔アップの時

ドキーン☆★☆

って私、幸せでしたvvvvvv


キリク愛してるあぁああああぁぁぁあぁあああ!!!!!!!!
スポンサーサイト
2010-05-25 Tue 19:46
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
この記事のトラックバック

| 愛は次元を超えて。 |